FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい

やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい (やがてぼくはだいぐんしとよばれるらしい)

WR2019/09/25にMF文庫Jより発売された小説。イラストは片桐雛太氏。

寒冷化と伐採による水不足等で土地が荒廃していく戦国の世で、後に伝説の大軍師と呼ばれる少年ガーディの物語。

設定として明治時代に翻訳された海外ファンタジー作品を、現代日本語でリライトした、という事になっている。

登場人物

  • ガーディ:主人公。エルフの村で育てられた人間の少年
  • フローリン:沿海州の領主を務める少女。金貨姫とも。
  • ナロルヴァ:シンクロの娘。オークを祖母に持つクォーター。
  • シンクロ・ナウロネレド:フローリンの護衛を務める重臣で半オーク。ナロルヴァの父親。煉獄耳という権能を持つ。
  • タウリエル:ガーディを拾い、育てたエルフの少女。見た目は下手すると童女。ガーディを溺愛している。
  • タヘー:ガーディと親しい人間の少年。タウシノの集落にほど近い人間の村落の村長の七男だか八男。
  • シリスランネ:人間の少年。ガーディやタヘーと共に任務に就くが…
  • メイ:ピクシー。ガーディに助けられ、彼に仕えることに。
  • フェリン:人狼の娘。歳は十五。グランドラ王の軍勢に村が占領されたため従っていたが、先走ってフローリンを襲撃した為に村を焼かれてしまう。
  • グランドラ王:督戦王日安(ガバナーオブソルティス)とも。人類至上主義を掲げ、銃と戦略を用いて戦う。当人は狸にマントを羽織らせたような外見だが、かなりの剣の使い手。
  • ラムマゴール:グランドラ王に仕える兵士。身長八尺はあろうかという巨体で、静州で墓守を務めていた丘巨人の末裔。グランドラ王に先々々代(150年前)から仕えている。
  • アイオロス:聖ダビニウス青銅騎士団の長。タウシノの長老によれば、二〇代前の祖先はエルフの継嗣子だったとか。

登場する地名

  • タウシノ:ガーディの故郷。漢字では森州(タウ)品濃(シノ)。耕作などに不向きな土地で、エルフたちが守り抜いた森の恵みで生活している。
  • 北国:聖ダビニウス青銅騎士団の本拠地。
  • イントラシア:フローリンの母国。
  • 陸州:タウシノの北東に位置する。奴隷狩りで有名なリエメンという国がある模様。
  • 沿海州:フローリンの治める領地。
  • イグノゴンド城:かつてエルフが建てたという沿海州北部の町。三方をロルン湖に囲まれ、陸側には城壁が築かれている。イントラシア軍の宿営地でもある。
  • 静州:グランドラ王の本拠。沿海州の西隣に当たる。

編集履歴


戻る→用語集 用語集/や行 用語集/や行/や

Last modified:2019/09/28 22:31:24
Keyword(s):
References:[フローリン] [ナロルヴァ] [ガーディ] [用語集/や行/や] [権能] [鑑定] [万物鑑定]