FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

アイドレス世界

アイドレス世界 (あいどれすせかい)

ゲームアイドレスの舞台となる電網世界。 つまり、本来的にはリンクゲートで相互接続された宇宙をいう。

儀式魔術アプローの涙では第7世界であるとされていた。 しかし、儀式魔術第二次黄金戦争の初頭で根元種族の侵攻を受け、プレイヤーたちは第5世界(の過去)に撤退、ニューワールドを構築した。 儀式魔術第二次黄金戦争の末期にはさらにこのニューワールドも世界閉鎖したため第6世界群のひとつへと撤退した。

プレイヤーたちが属する藩国のほかに天領と呼ばれる世界がある。

参考資料

  • (テンダイスブログ アプローの涙・オープニング・セレモニー)宇宙と書いて、”ネット”と呼ぶのだ。蜘蛛の巣は美しい秩序であり、同時に星系図を平面航法投影すると、まさに蜘蛛の巣になる。物理位置よりもリンク・ゲートでの接続が重要なのだ。/宇宙と書いて、ネットと読む。それがアイドレスの時代である。/我らのテラを含む、はるかオリオン腕からペルセウス腕までを包む巨大なネットが、アイドレスの宇宙である。
  • (テンダイスブログ 初心者でも今から参加できるアイドレスのための情報)アイドレスにはおおまかに2つの意味があります/1 第7世界の呼称(プロダクトネーム=その世界を舞台にしたゲームの呼称)/2 第7世界で行動する為のインターフェース
  • (テンダイスブログ 小笠原ゲームの設定的な謎)Q.小笠原はHIが入れ替えたものだそうですが、前の小笠原はどうなってしまったんでしょう?/→荒らされることもなく、保存されています。(それこそがHIの目的です)もっとも、その世界もT9で棄てているので、現在は入れ替えられたものとは違います。
  • (テンダイスブログ 小笠原ゲームの設定的な謎)Q:今小笠原ゲームをプレイしている小笠原は、世界的にはどこになるのでしょうか?/A:第6世界です。

編集履歴


戻る→用語集 用語集/あ行 用語集/あ行/あ

Last modified:2017/09/16 23:45:23
Keyword(s):
References:[星見司処] [用語集/あ行/あ] [フィクショノート]