FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

アラタ

アラタ (あらた)

マージナル・オペレーションの主人公。フルネームは新田良太(あらたりょうた)。リョータ・アラタと呼ばれる場合も。

小説内では当初「アラタ」とのみ呼ばれており、下の名前は明かされていなかったが、続巻で明らかにされた。

マジオペは彼の手記がアップされたブログを芝村裕吏が小説にしたという設定。

秋田出身で家族構成は父と母、妹(新田ユキ)がいる。新田良造の私生児の子孫であるため、シベリア共和国、特に良造の関係者から注目されている。

高校を卒業後上京。情報系の専門学校に入るも目指していたゲーム業界には入れず、ニート期間を経て小さなデザイン会社へ就職。しかし、入社して3年で会社が倒産し、30歳にして再びニートとなる。

ひょんな事から民間軍事会社の自由戦士社に就職し、タジキスタンでの研修と戦闘を経てOOとして天才的な指揮の才能を開花させる。後、そこで出会った子供達(最初の二十四人)を引き連れて傭兵として活動を開始。1年後には卓越した指揮と少年兵を使う事から侮蔑の意味を込めて「子供使い」の異名で呼ばれるようになる。

子供たちからは敬意を込めてイヌワシまたは厳父と呼ばれる。イヌワシの呼び名は、天空から見下ろすかのような指揮ぶりから。なお本人曰く、どうせなら優しい父と呼ばれたいとのこと。

後に見捨てられた子供たちを育てるため、子供による武装勢力、いずれ去る子供たちの国を設立する事になる。

時系列的には5年後にガン・ブラッド・デイズの世界を訪れている。イーヴァ・クロダからは他世界の人間として扱われているが、当人にその自覚はない。

また、その軍才ゆえに、ジュネーブ機関および紅蓮の夜にそのデータを取られ、クローンを作られている。ジュネーブ機関に対していい印象を持っていないらしく、オルトロス編では、謎のデータが入ったディスクをプレイヤーに渡して去っていく。

マジオペの30年後の設定であるSF小説この空のまもりに登場し、また時系列的のその後になるセルフ・クラフト・ワールド3巻にも登場する。小説「富士学校まめたん研究室分室」にて「ミャンマーの傭兵部隊」に対してIイルミネータ(の運用システムReCs)二型を供与したことが語られる。

電網適応アイドレスでは、WR/2012/08/28にわんわん帝国宰相であるところの芝村裕吏氏に護衛を頼まれ、オマルと共にニュー・ワールドを訪れていたようである。 また、WR/2012/10/15にツイッター上でおこなわれたアンケートゲーム(VoteADV)では、黄色いジャンバーを着てジブリールを連れて、主人公に助言をおこなっていたようである。

参考資料

  • (ガン・ブラッド・デイズ マージナル任務:マージナルディズ(オルトロス編))イーヴァ:/こんにちは リョータ・アラタ/話は友人から聞いています
  • (ガン・ブラッド・デイズ マージナル任務:マージナルディズ(オルトロス編))アラタ/裕次郎氏からの情報はいただいてます/うまく他の世界の人間に渡せるといいんですが/イーヴァ/あなたもその一人でしょう?/アラタ:/そういわれても自覚なんかありませんよ。
  • (ガン・ブラッド・デイズ マージナル任務:マージナルディズ(オルトロス編))アラタ:/僕はジュネーブ機関が大嫌いでね/仕事してもうこりごりというところです/アラタ:/で これは僕からのプレゼント/ナレーション:/アラタは貴方の胸ポケットに/“ディスク”をさした/アラタ:/解読は出来ないと思いますが/どうか 捨てないでください/アラタ:/それは貴方がどうにも頭に来たときの/ための鍵です/アラタ:/その鍵を狙って 今後貴方を狙ってくる敵も出るでしょう/アラタ:/でもまあ 貴方なら勝てるんじゃないかな/アラタ:/では もう会うこともないと思いますが/アラタ:いや 僕のデータは取られているだろう/から 別の形では会うかも知れないけれど/アラタ:/……がんばれ
  • (ガン・ブラッド・デイズ マージナルデイズ2(全陣営共通))A0101BA/アラタという優秀な戦場のオペレーターが/いる/私はそれをクローン化した
  • (テンダイスブログ 電網適応アイドレス再開に関するお知らせ)・JGC後の飲み会で近況を聞かれるので芝村のみ、ニューワールドに先行投入。護衛にアラタとオマルを連れて行きます。
  • (芝村氏Twitter発言)黄色いジャンパーの新田さん:「栃木……あそこは今、とても危ないとニュースで言っています。銃も使えないし、電車も宇都宮までだ」

編集履歴


戻る→用語集 用語集/あ行 用語集/あ行/あ