FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

ウラル・カナン

ウラル・カナン(うらる・かなん)

軍神物語植物学者カホルの発見に登場。

すべての木々をあやつり、世界樹を従える力と、ひいては水を操る力を持つ水素の心臓の所持者。木々と対話することができる。13歳。 植物学者カホルの発見時点では心臓を発見するだけにとどまっている。

参考資料

  • (水素の心臓 軍神物語 設定)一度人生を中断し、16年ぶりに戻ってきた少年。木から生えてきた少年とも言う。普段は心優しい少年だが、土壇場ではいつも向こう見ずで、勇気あふれる行動に出る。13歳。(中断16年はカウントしていない。)/12歳の時、ひそかに好きだった友達(註:他人にはバレバレ)の少女ノイが、人生を<中断>する話を聞いて、一人では寂しいだろうと、自分も中断した。/この時、残された親はどうするんだとかは考えてない。そんな少年である。/好きな言葉は、セキ先生に習った言葉。なんとかなるよ、絶対に。/中断時に、本来ノイが得るはずだった木を操る心臓を手の甲に埋め込まれており、木々と対話する事が出来る。

戻る→用語集 用語集/あ行 用語集/あ行/う

Last modified:2017/10/23 04:03:10
Keyword(s):
References:[軍神物語] [ノイ・アルト] [水素の心臓]