FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

カホル・ヨウ

カホル・ヨウ (かほる・よう)

植物学者カホルの発見に登場する植物学者。 水素の心臓を発見する。

参考資料

  • (植物学者カホルの発見)三百歳になる天界人。猫を先祖に持つ。/本体は紫の目をした黒髪、白衣の女性で、今回の話では、同じ黒髪ながら、レジャー用の、各種感覚(五感・性感)が増大された量産型の身体を使っている。/本編で非常に情緒不安定なのは、このためもあるかも知れない。/このころ全盛期を迎えている生物科学界では傍流で見向きもされない<自然>の植物を調査保存する植物学者である。/非常に優秀で仕事以外には見向きもせず、冷厳な人物なことで知られ、ウーツェーとの接触もないことから、その点が買われて特例としてトゥウェルプ・テラへの植物調査が許される。/記憶と知識のコピーをクローン体に送り込み、地上に降臨させ、学術調査をさせている。/地上から戻った後は知識と記憶を融合させるはずであった。/本編の16年後。つまり、第3話の中頃、クローンを作って本体を破壊し、行方不明となる。

編集履歴


戻る→用語集 用語集/か行 用語集/か行/か

Last modified:2018/08/15 23:10:18
Keyword(s):
References:[植物学者カホルの発見] [用語集/か行/か]