FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

カンナ

カンナ (かんな)

黒剣のクロニカの登場人物。朝黒い肌の女性。難民(フランの母方の国)の生まれでウラミの妹。フランに好意を抱いていた。ダリスは夢の操作(特定の夢を見せ続ける。目を覚ますためには普通の人間では死ぬほどの打撃を与えるか、鼻から水を入れたりしないといけない)

トウメスによる難民街焼き討ちで死んだと思われていたが、実際はウラミのダリスによってスケルトンとして生き延びていた。後、オウメスに(手伝えばフランがコフに戻れると)そそのかされて、自身のダリスでヤニアの男たちを眠らせ、虐殺の片棒を担がされる(虐殺の日)

黒剣家の館でフランと再会した際、ウラミの弱点を教えると共に、オウメスとウラミを必ず殺してくれ、と頼み、最後は自らの命を絶った。

参考資料

  • (黒剣のクロニカ 3巻)

編集履歴


戻る→用語集 用語集/か行 用語集/か行/か

Last modified:2018/12/18 02:37:13
Keyword(s):
References:[ダリス] [オウメス] [用語集/か行/か] [黒剣のクロニカ] [ウラミ]