FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

シベリア共和国

シベリア共和国 (しべりあきょうわこく)

遙か凍土のカナン及びマージナル・オペレーションに登場する架空の国家。首都はプーチンスク、国旗の色は青。

コサックの流民、ロシア帝国でシベリア送りにされた共産主義者、金主のユダヤ人が主な国民構成。後にポーランド系住民もこれに加わる。

主産業は機械化産業で、フョードロフ型機関銃や自動車、バイク等を生産していた。1918年頃にはこれらを持って機械化歩兵を組織運用している。その他燃える草(ホルト草)から油を抽出したり、セイタカアワダチ草から作ったゴムを名産品としていた模様。

その後も重工業化を進めていたが、ソ連崩壊後に経済が低迷。しかし2000年前後から外国企業の誘致を進め、経済を盛り返している。

初代元首はニタ・リョーゾー。二代目はイワン・プーチン。三代目はヤーコフの子、ヨシフが就任している。

マジオペの時代では「赤い日本」とも呼ばれている。

参考資料

  • (マージナルオペレーション空白の一年)赤い日本の呼称についてはF2より
  • (遙か凍土のカナン7巻)P270

編集履歴

  • 編集委員/名前 (2016/06/27):項目新設。

戻る→用語集 用語集/さ行 用語集/さ行/し

Last modified:2017/09/23 11:00:11
Keyword(s):
References:[オレーナ] [用語集/さ行/し] [新田良造] [新的]