FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

ソックスハンター

ソックスハンター

日本ソックスハンター協会は1901年、アメリカのオリバー・ウィルソン、D・A・ルグウェール博士が設立した白い靴下財団が、その原型である。 色付き靴下と当時流行していたストッキングを否定し、白い靴下の保護と世界平和を訴えた。 日本では1912年にアメリカ留学した赤沢小説がこの思想に共鳴、日本白靴下旅団社を設立、二度の大戦争を乗り越えながら今日に至る。

会員数は12万8千名、会長は不明。 組織は閉鎖的で、会長は常に暗殺を恐れてその姿を隠している。 そのため、その組織は本部の場所を含め、常に秘密の薄いヴェールで包まれている。

1985年に起きた輸送機からの大量靴下投下事件、通称「血の7月事件」を契機に全国の風紀委員会同盟により、その神聖な教義は非合法化され、地下にもぐった。

現在、高騰した靴下を買い集めるものと、金のためにそれを集める「ソックスハンター」に別れている。

中村光弘ソックスハンターにとって生徒会連合、風紀委員会ウイチタ更紗も関与している。)は天敵の様だ。

ソックスハンター名簿

編集履歴


戻る→用語集 用語集/さ行 用語集/さ行/そ