FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

トラナ

トラナ (とらな)

ダークサマーレルムの王女。 死の王女とも呼ばれる。

六合にて、日曜ロッカー秋津隼人に会い、札を使って「トランプの王様」にした。 この時点で父王は死亡していた模様。

参考資料

  • (Romantic. DARK SUMMER)舞台は永遠に真夏の国、六合。/新大陸出現のために5mほど水没したこの国に、人類の天敵ファンタジアが出現する。/真夏の夜の国、ダークサマーレルム死の王女<トラナ>は、亡き父王の力を封じたを手にファンタジア討伐のために六合に旅立つ。/六合にて日曜ロッカー秋津隼人に出会うトラナは、父と同じ匂いと眼差しの男に札を使い、かくてここに美形のトランプの王様が出現する。
  • (レトロライフ質疑情報 2008/12/3)レムーリアの主(魔王)が目を覚ます時だけ、レムーリアは六合と呼ばれる/六合の中心地にたっている城がダークサマーレルム/(中略)/ダークサマーレルムが動き出した。水没していたエウドッシアも浮かび上がっているらしい。/六合はメカが使えない高物理域(魔法が使えない低物理域とも言い換えられるらしい)/クーリンガンはダークサマーレルム(暗黒夏宮)の宰相で、王女がトラナ/レムーリアがトラナの故郷に遷移した。「一年でまた眠りにつくにせよ。七年ぶりだ」

編集履歴


戻る→用語集 用語集/た行 用語集/た行/と

Last modified:2017/11/17 16:19:42
Keyword(s):
References:[Romantic. DARK SUMMER] [用語集/た行/と] [ファンタジア] [秋津隼人] [ダークサマーレルム]