FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

ハキム

ハキム

マージナル・オペレーションの登場人物。最初の二十四人の一人。

風邪をひいてソフィア・グリンウッドと共に宿舎に居残っていた際、強襲を受け殺害される。さらに遺体はトラップの爆弾を仕掛けられ爆砕された。いずれ去る子供たちの国における最初の死者であり、最初の二十四人における現時点で唯一の犠牲者。

レインボー作戦における拠点は、彼の名にちなんでキャンプ・ハキムと名付けられた。

『マージナル・オペレーション』本編および『[F]』と『空白の一年』で描写されている出自が異なる。どちらもおかっぱの髪型、ジブリールより幼い年齢、高い教養などの造形は共通している。

本編および『[F]』では、イラン人。キャンプ・モリソンのオマル隊に所属。生まれついての詩人。

『空白の一年』では、シベリア共和国人。自由戦士社からの離脱後、スパイとしてリョータ・アラタに接触したが、あっさりと身元を見抜かれ、なし崩し的に部隊の一員となる。宇宙開発用の秘密都市で、人間コンピュータとして調整された血統の出身。

漫画版では、キシモトと対話し、部隊に損害を与えないために自ら死を選び、挑発してトレバーに殺害された。

参考資料

  • (マージナル・オペレーション02)イラン人。少年少女兵の一人で、ジブリールたちに比べると年少。生まれついての詩人。
  • (マージナル・オペレーション[F]第2話「父について」p60)助けられてきたのは事実なんだから、見た目で判断するのはおかしいという、ハキムの意見が代表例だろう。
  • (マージナル・オペレーション空白の一年[下] p161)年齢は、1◯歳には見えない。一桁だろう。
  • (マージナル・オペレーション空白の一年[下] p235)「僕の生まれた都市が……根こそぎ皆殺しされます。宇宙開発用の秘密都市なんです」/「本当です。あと、二◯世紀からの話です。僕たちは弾道計算をする計算機として血統を調整されています」

編集履歴


戻る→用語集 用語集/は行 用語集/は行/は

Last modified:2018/11/09 00:07:02
Keyword(s):
References:[最初の二十四人] [キシモト]