FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

バルクホン

バルクホン (ばるくほん)

儀式魔術第二次黄金戦争のさなかに、 オーマとの和解を目的に開催されたお見合い大会で、の警護部隊として配属されていた人物。 黒い鎧をまとい、瘴気を発していたが、中身はエノーテラという名の女性で、バルクの養女であった。

ちなみに、バルクホンというのは「バルクは私のもの」という意味らしい。

参考資料

  • (小笠原ゲームログ バルク、押し倒される)雅戌@玄霧藩国 の発言 (21:39):「結局、彼女のお名前は、エノーテラさんでよろしいんですか?」/バルク:「ええ。エノーテラです。しかし、バルクホンか」/芝村 の発言 (21:40):バルクは苦笑いした。/ミーア@カイエ の発言 (21:40):「どういう意味なんですか?バルクホンって」/バルク:「バルクは私のもの、くらいの意味です」

編集履歴


戻る→用語集 用語集/は行 用語集/は行/は

Last modified:2017/09/22 09:53:31
Keyword(s):
References:[バルクホン]