FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

ヒノカグツチ

ヒノカグツチ (ひのかぐつち)

日本神道の神、火之迦具土のこと。日本創生の神であるイザナギ・イザナミの子である。火の神であったため、生まれ落ちる際、母イザナミを焼死させてしまい、父イザナギに首をはねられた。一度死んでいるため、再び死ぬことがない。

火の国の神であり、世界によっては別の名で呼ばれることもある。

第6世界では火の国の宝剣の別名。


戻る→用語集 用語集/は行 用語集/は行/ひ

Last modified:2017/11/25 18:30:29
Keyword(s):
References:[火の国の宝剣] [壬生屋一族] [用語集/は行/ひ]