FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

ホムンクルス

ホムンクルス (ほむんくるす)

第7世界では実現する事のなかった錬金術による人工生命。ラテン語で「小さい人」の意。 人間の精液と馬糞を元に、フラスコ内で最初の亜人種が誕生する。

第5世界で主に発展した技術にして基幹技術。生命工学。 この技術が発展した事により、ヤオトが影響で衰退していた人類は息吹を吹き返す。 クローン世代の元になり、第5世界の人間は人類と言う器から外れてきている存在になっている。

後に(錬金術師が)転じてホムンクルスを「油をそそがれしもの」と呼ぶようになり、転じて生物兵器を意味する様になる。 故に第6世代幻獣エンジェル)も油そそがれしもの。


戻る→用語集 用語集/は行 用語集/は行/ほ

Last modified:2017/12/14 15:14:53
Keyword(s):
References:[用語集/は行/ほ] [クローン] [ホムンクルス]