FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

ミノタウロス

ミノタウロス(みのたうろす)

鳥脚属擬竜科ドール中型幻獣。身長9m、体重34t。 100万体程度が実戦に出ており、内、1万体が熊本戦で出現。

人型戦車士魂号の登場により出現した、初の対アクター戦用幻獣ゴルゴーンの派生型で、擬竜科であるにもかかわらず戦闘時には二足歩行を行い、前脚を打突武器として使用する格闘戦用幻獣である。 結果、背中の生体ミサイルは痕跡のみが残るだけとなった。 その代わり、腹部には1千匹近い外骨格属装甲科のバカが寄生し、リアクティブアーマー兼近中距離用追尾型生体ミサイルとして使用されている。 戦線を突破してくる人型戦車からゴルゴーンを守るため、群れの外周に展開する。

参考資料

  • Minotaur:ギリシャ神話に登場する牛頭人身の怪物。ミノス王の妻パシパエの息子。成長するに従い乱暴になり、手を焼いたミノス王は彼を迷宮に閉じ込める。

戻る→用語集 用語集/ま行 用語集/ま行/み

Last modified:2017/10/23 07:53:21
Keyword(s):
References:[ミノっぽいの] [99式雷電] [幻獣] [用語集/ま行/み] [武器化幻獣]