FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

レフォニアンサーガ

レフォニアンサーガ (れふぉにあんさーが)

藤嶋貴之氏や山本えりす氏が中学・高校時代に参加していた芝村裕吏氏のキャンペーン。 このキャンペーンまでは、T&TおよびD&Dのキャンペーンをおこなっていた。 これとは並行してラックオブプラックヒーローフォーチュンサイオンズオデッセイと連続するキャンペーンも行われており、山本えりす氏はそちらにも参加していた。

参加者は、藤嶋貴之氏と山本えりす氏を含むメンバー4人+ゲスト2人という構成だった。 山本えりす氏はこのパーティをAパーティと呼称していた。

芝村裕吏氏によれば、このゲームが「ゲームデザインの原点」とのことであり、現在の無名世界観の原型となったと見られる。 現在のキャラクター名や地名などにその片鱗が残っている。

キャンペーン終了後に芝村裕吏氏が「小説版レフォニアンサーガ」を紙媒体で作成し参加者に配布したが、おそらく現存するものは藤嶋貴之氏が持つものだけではないか、とのこと。それも一部だけのようである。

参加キャラクター

NPC

  • クーリンガン:このゲームの前に行われていたD&Dのセッションから登場していた古参。
  • フュードル・レオン:アルフ・リードレイドの兄弟。黒騎士。敵で底無し袋を所有していた。
  • ソリアナ:イシル・ルアの妹。
  • 影姫:モンド・フレイの相棒。ドラゴン。

神々

36神を参照のこと。

地名

  • レフォニア:世界?
  • シルグアーグ:舞台となった大陸のこと
  • レムーリア:国のひとつ
  • 銀の谷
  • 死の砂漠
  • 絶望の密林
  • 神々の古戦場(アサヴェルナーク・スマーク)

その他システムなど

  • このキャンペーンのときのみヒーローモードでシステムが起動されていた(他のキャンペーン時は「通常モード」)。
  • プレイヤーキャラクターはひとつづつ強力な力を持つ家宝というアイテムを所有していた。
  • レフォニアンサーガ以降のシステム(ラックオブプラックヒーローフォーチュンなど)ではシナリオを360度どの方向に進めても良いという高い自由度があった。例えば人魚岬に人魚を見に行くだけの回もあった。
  • 魔法は「火」なら、火に関するすべての事柄ができるという(消費MPで効果は異なるが)プレイヤーにも高い発想力を求められるシステムだった。
  • 上位魔法が存在した。
  • 中盤から絶技システムが導入された。

参考資料

編集履歴


戻る→用語集 用語集/ら行 用語集/ら行/れ