FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

阿 (あ)

第6世界(式神世界)の高名な陰陽術師。おそらくはそういう地位に対しての称号。青の青であったことがある(のは誰?)。

現在の阿の表の名前は玖珂英太郎玖珂英太郎Aではなく、Aに関連の深い何者かである。

参考資料

  • (世界の謎掲示板 20786 芝村回答)Q>「阿」といえば玖珂英太郎氏ですが、彼は芝村庸吏氏の小説『式神の城? 玖珂家の秘密』で「一九九九年、初夏。いきなりいなくなり二年近く姿を見せなかった祖父、英太郎が何の前ぶれもなく自宅に戻ってきた」と描写されています。/「阿」「エー太郎」という名乗り、漫画原作者という職業(エヅタカヒロ氏を思い出させます)、魔術への造詣、そしてこの行動パターン。というわけで。/仮説2−1:玖珂英太郎はAである。/違います。/仮説2−2:玖珂英太郎はAと関わりの深い存在(同一存在、グライダー等)である。/A>はい。
  • (玖珂家の秘密 p.140 玖珂晋太郎カガチの会話)「僕は爺ちゃんの愛弟子だよ」/「お前も阿になるのか?」/「どうだろ?もう少し、もっともっと強くなれたら、もしかしたら…」
  • (式神の城 七夜月幻想曲 どかんQ&A 218)Q:阿って何ですか?/A:世界を、魔術的な秩序の観点から/立て直そうとする者で、未来のほとんどを/予見する能力者。/感情らしい感情を持たない恐るべき/魔術師、ですね。

戻る→用語集 用語集/あ行 用語集/あ行/あ

Last modified:2018/08/18 04:37:16
Keyword(s):
References:[蠱毒] [青の青] [A] [七人にして一人の父]