FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

黄 (おう)

オーマのひとつ。正式にはセマ。日本語では本来発音しないが、コミックスなどでは便宜上「おう」と表記することになっている(「き」は使われない)。武楽器管爪

全ての絶技体系の中で唯一絶技を使わないオーマと言われる。 絶技を使わず、その身技を持って戦うのを信条とする。 (ただしその身につけた技は絶技と同等と言える)

人に知恵を与えたかまどの女神はセマ・オーマと見られる。 あるいは、(人に火を与えたという伝説を持つ)プロメテウスもセマ・オーマの模様である。 これらの伝承は、セマ・オーマが世界創世機械を動かしたということではないかとも見られている。

なお、おそらく前ループで生き残り新しい人間の祖となった人物がリフトラシールということであるが、セマ・オーマが機械好きということと合わせて、何らかの関連があるのかもしれない。

属性:未来と挫折

オーマシンボル:突き立てた拳のオーマ

黄のオーマたちとそのオーマネーム

アイドレスPL

  • はる:黄にして春
  • 緋乃江戌人:黄にして銅

参考資料


戻る→用語集 用語集/あ行 用語集/あ行/お