FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

結城小夜

結城小夜(ゆうきさよ)

式神の城シリーズの登場人物。火の国の宝剣に仕える一族、壬生谷家の出身。 第6世界1989年6月5日生まれ 血液型O型 身長158cm/体重43kg

神々と闘うためにつくられた、人のつくりし元人類の決戦存在。魔道兵器として感情を持たないように育てられた。また、神狩りを行ったのち、新たな神となるのを避けるために自殺するように命令されていた。式神・青き鳥ヤタを従え、護られている。

式神の城事件において、神霊庁から呼ばれて戦いに来た。しかし実際に神を伐ったのは玖珂光太郎であり、彼が神でも人でもないものになった。彼に好意を寄せてしまったため、魔道兵器であることをやめる。光太郎の監視という名目で東京に住んでいる。

ねじれた城事件では、玖珂晋太郎により殺されてしまうが、光太郎の式神ザサエさんと合体して生き延びた。それ以降、光太郎の式神となり、定時的に力の補給すなわち光太郎との接触が必要になる。 しかし、式神になった時点で小夜は玖珂光太郎の妻となる資格を失った。

壬生屋未央同一存在であり、式神の城 七夜月幻想曲では近衛貴之にさんざんからかわれた。

オーマオーマネーム白にして白亜


戻る→用語集 用語集/や行 用語集/や行/ゆ