FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

交神の儀

交神の儀(こうしんのぎ)

人が神と床を共にすること。古い家では成人の儀式の一環でなぜか枕が二つある床で一人寝させられる儀式があるが、これが交神の儀である。神と交わることで子孫が力を得るとされる。神を選んで呼び出せるよほどの家でない限り、どの神が床に現れるかに規則性はないが、なじみ深い神から選ばれることが多いようだ。

Aの魔法陣掲示板上で行われたトータルライトDOJOのセッション内容でもある。このゲームでは、数々の謎設定が出ている(水素の心臓絢爛舞踏祭関係、如意宝珠剣鈴に関する事などなど。)が、過去ログが飛んでいるので、現在は後半部分のゲームしか確認出来ない。

交神の儀参加PCと召喚された神:


戻る→用語集 用語集/か行 用語集/か行/こ