FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

黒き悲しみの城事件

黒き悲しみの城事件 (くろきかなしみのしろじけん)

式神の城 七夜月幻想曲のモデルとなった事件。

セプテントリオン VZが、玖珂光太郎をコントロールし、衛星軌道上にあるリフトラシールを回収するために起こした。また、最終的にはコータロー・ワールドタイムゲートの確保を目的としていた。

結城小夜あるいは城島月子のどちらかを、他方への嫉妬心からあしきゆめの虜とし、黒き悲しみの城を召喚する。そして、それが倒されて分解された時に現れるボロ・ステーションを利用して衛星軌道に移動、リフトラシールを回収するという計画だった(プロジェクト・スターレインボウ)。

また、その折に精神的に弱った光太郎をセプテントリオンの支配下に置くことも計画されていた(プロジェクト・ゼラキエル)。

実際には、どちらもあしきゆめに囚われずに、七城メイがされわれ、近衛貴之らがこれを救出、VZは任務に失敗して姿を消す。


戻る→用語集 用語集/か行 用語集/か行/く