FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

子伯

子伯 (しはく)

らくせん わが日本に王子系の登場人物のひとり。武仙で炎高王(えんこうおう)という肩書き(?)を持つ。

長い修業を終えた彼が「恋をしてみるため」に下山するところから物語が始まる。

驥(すう)という相棒の白馬に乗っており、白馬の不審者として警察からマークされていた。

好日とその家族を助けた事から、東中野家に居候することに。後、好日と想いを通じあわせるようになる。

兄弟弟子である呂叔に言わせると「つかみどころのない風のような存在」。学季に言わせると「他人の話を聞かず、いつも我が道を行く」。

参考資料

  • (らくせん わが日本に王子系 1)1話 王子下山
  • (らくせん わが日本に王子系 2)

編集履歴


戻る→用語集 用語集/さ行 用語集/さ行/し

Last modified:2017/09/23 15:26:50
Keyword(s):
References:[東中野好日] [呂叔] [東中野楓] [らくせん わが日本に王子系] [東中野小路] [用語集/さ行/し] [陽仲] [瀧本香]