FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

重力レンズ

重力レンズ (じゅうりょくれんず)

通常は巨大な質量により引き起こされる、空間の湾曲のこと。レンズのように光が集約されるため、重力レンズと呼ばれる。

ガンパレード事件では、黒い月の中心で聖銃が作りだしていた。というか、黒い月というのが重力レンズ。セプテントリオン第5世界から第6世界への情報流出を嫌って、設置したものである。

絢爛世界では、2059年、火星上空において40時間(48時間、70時間など諸説あり)持続した現象として観測された。これにより、火星の地中の水が融け出した。セントラルワールドタイムゲート開放の余波で出現したらしい。

後にBALLSが調査に向かったが、ここで発見されたもののことは秘密にされた。また、100体ほどのBALLSが行方知れずとなり、MAKI誕生の原因になったという。

希望号2号機とは直接的な関係がないことが確認されている。

参考資料

  • (旧謎板 5272 やがみ回答)Q>・セプテントリオンは、第6世界で宇宙に進出(特に火星)している。(他略)/A>以上までは正解です。
  • (旧謎板 5272 やがみ回答)Q>・セプテントリオンは、第6世界の宇宙で介入活動を行っていて、サンカウ経由による第5世界情報の流入を嫌っている(おそらく、第5世界の「宇宙に人なんて住んでません」という情報が困る)。そのため、第5世界側に重力レンズを置いた。/A>ここはOK
  • (世界の謎掲示板 19176 芝村回答)Q>絢爛世界の火星では、48時間重力レンズが開口した結果大洪水がもたらされ、火星が水の星となったとの事ですが、重力レンズ=WTGでしょうか?/A>いえ。/ワールドタイムゲートのせいで重力レンズが発現したのです。
  • (世界の謎掲示板 19176 芝村回答)Q>WTGなら、誰が、何の目的で開けたのでしょうか。御返答願います。/A>たまにゃ自分で考えましょう。/このゲームは、考えるゲームです。
  • (絢爛世界の紹介 第4回「ワールドタイムゲートと重力レンズ」)一方、かつて存在した、重力レンズを調べてみようという動きもあった。/火星事件と比べれば大したことないが、学術的、技術的にはこちらのほうによほど価値があった。/こちらはヨーロッパ共同と、日本が参加した。/この頃既にBALLSは月面の多くを資源化しはじめており、数には相当余裕があった結果、日本は2正面作戦が出来たのである。/そして、公式にはなにも発見できなかった。少なくとも人類や多くの知類ではそうなった。/BALLSたちはここで発見した物のことを、長く秘密にし、ヨーロッパ共同のロケットを撃墜することもやっている。/百体ほどのBALLSは、ここで行方不明になり、後のMAKI誕生の原因となった。
  • (世界の謎掲示板 21853 芝村回答)Q>火星に出現した重力レンズと希望号2号機に何か関係はありますか?/A>直接的にはないです。

戻る→用語集 用語集/さ行 用語集/さ行/し