FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

小王国

小王国 (しょうおうこく)

精霊機導弾の舞台となった国。正式名称は不明。通常はベルカインの小王国と呼ばれる。

国内に海を持たず、海軍は保有していない。 王国を二分する形でゴート山脈が存在し、北部が嘆きの平原、南部には王国最大の田園風景が広がる。 ゴート山脈の麓には宗教都市アルガロが存在する。 王都は嘆きの平原上空4000mに存在する浮遊都市アーヴィン

隣国に共和国が存在し、S. TAGAMI共和国に介入していた。 海の向こうには紫の帝国が存在する。


戻る→用語集 用語集/さ行 用語集/さ行/し

Last modified:2017/11/25 16:52:39
Keyword(s):
References:[用語集/さ行/し] [第4世界] [精霊機導弾事件]