FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

新田良造

新田良造 (にったりょうぞう)

遙か凍土のカナンの登場人物で主人公。新田良太とは血縁関係に当たる。

農家の三男坊として生まれ、母親に甘やかされて弱い男子に育つことを危惧した父によって遊び人の伯父に預けられた事で財に執着しない働き者な性格に育つ。

長じてからは軍隊に入隊し、日露戦争で活躍するも負傷して帰国。ロシアの元将軍クロパトキンとの縁で出会ったコサックの令嬢、オレーナを助け、親日のコサック国家を建国する密命を帯びる羽目に。

女性関係に対しては「ロバ」と称されるほどの鈍さ。半面、戦闘においてはあらゆる武器を使いこなして相手を叩き潰す天賦の才を持つ。

趣味は釣りと馬の世話で、旅の間も暇があれば魚釣りに興じていた。

ユーラシア大陸を2年かけて踏破し、ロシア帝国のプーチンスクへと入植。コサック・ユダヤ・共産主義者の入り混じる街を作っていく中、タジキスタンで出会ったジブリールとの再会、オレーナとの別れ等を経験し、最終的にシベリア共和国を建国するに至る。

参考資料

  • (参考資料出典箇所)

編集履歴


戻る→用語集 用語集/な行 用語集/な行/に