FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

壬生谷一族

壬生谷一族 (みぶやいちぞく)

第6世界群の1つ、式神世界に存在する結城小夜の一族。 第5世界壬生屋一族同一存在にあたる。

壬生屋一族は既に霊力、精霊と心を交わす技術は失われており、古武術と剣技のみが残されている状態だが、同じ役割を持ち分岐した同一存在壬生谷一族は未だに護国の霊家としての強い力を持ってり、社会的に機能している。

世の中より隔離し、人間らしい感情を一切持たないように造り上げ、神々と闘うための使い捨ての人造の魔導兵器を造り上げる。 結城小夜は神狩りを行ったのち、新たな神となるのを避けるために自殺するように命令させていた。 一度世に出した壬生谷一族のものは所詮使い捨てとして扱われるので、生きて還る事を許さない。 万が一を考え、生きて還って来た場合は敵とみなし、故郷の場所を記憶操作して突き止められない様にしている。

式神の城 3および大絢爛舞踏祭ブログ神々の宴には、結城小夜を育てた壬生谷志功が登場する。


戻る→用語集 用語集/ま行 用語集/ま行/み

Last modified:2017/10/23 04:14:58
Keyword(s):
References:[壬生谷一族] [壬生屋一族] [用語集/ま行/み]