FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

絶愛の檻

絶愛の檻 (ぜつあいのおり)

ビアナ)・オーマ絶技の一つ。 大量のイバラが愛しき人を絡めとり、決して逃すことはない。

絶技詠唱の口上

我は全ての母の母 美の極北 全ての恋の源たる 赤の赤に嘆願す 
それは一人の女よりはじまる女の鎖 
赤にして薄紅の我は 万古の契約の履行を要請する 
我は母を助けるため 命を与えられし一人の娘 
クラン・ロールより現れて 歌を教えられし一人の情熱
我は生み出す贖罪の檻 我は号する心を縛る美しき牢獄
完成せよ 絶愛の檻
我は恋に生き 恋に死す一人の乙女 
ただ今 唯一の情熱に命を燃やし 捧げる者 
その情念は 己をも相手をも縛る鎖 
赤にして薄紅の我は命ず 
顕現せよ 絶愛の檻

参考資料

  • (式神の城コミック ねじれた城編 2 用語集 純愛の檻)ビアナ・オーマの絶技の一つ。大量のイバラが愛しき人を絡めとり、決して逃すことはない。

戻る→用語集 用語集/さ行 用語集/さ行/せ

Last modified:2017/07/07 11:23:51
Keyword(s):
References:[絶技] [用語集/さ行/せ]