FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

先代のシオネ・アラダ

先代のシオネ・アラダ (せんだいのしおね・あらだ)

今代青の厚志の前のシオネ・アラダ。 およそ1000年前だったと言われる。

英雄幻想シナリオブックではその本名が椿とされているが、本名は別であるとも言われている(世界の謎掲示板 19173)。 また、ゲームガンパレード・マーチ 図書館にある「鬼と巫女姫」にて記述される、足の腱を切られ目を潰され身体に文様を入れられた、火の国の火の民族の最後の巫女が、デクの想い人であった椿姫のことと見られる。

死後、第5世界にて、壬生屋未央(記憶継承体)として生まれ変わる。 また1000年以上後、その死体から採取された遺伝子から、シオネクローン(ののみタイプ)が作られた。

メイデアの姫君剣と運命の女神/アルガナの女神/かまどの女神)とは、容姿の記述が異なること、姫とともに戦った踊る人形が、先代のシオネ・アラダとともに戦った戦士のリフレイン元であることから、リフレインではないかと見られる(リフレイン同一存在の一種であるため、=ではなく同一存在という記述とも整合性がとれる)。

また、光の軍勢の一員であるブータの記憶にある第2世界に存在したシオネ・アラダの姿と齟齬が見られることから、グランドクロスにおいて第2世界第5世界がクロスした時期に重なっていた可能性が高い。 デク楽師アーから分岐した存在(Aのグライダー)と言われるのもそのためであろう。

偉大な嘘つき(詐欺師)。 偉大なる魔法の女王。 桜の樹の下の少女。 草の蔓で髪を結わえ、世界を呑みこむような稀有壮大な青色の瞳が印象的な、眉の太い少女。

古に謡われる天と地の交わりにより生まれし英雄族

歴史でも五指に入る最強のアラダであり、千億を越えるリューンを使う無私無欲の優しい女性。すべての神々にその力を認めさせ、神々との間に盟約をつくった。

シオネ・アラダ(椿姫)含む光の軍勢は、大逆転号に搭乗していた。 青の青(楽師アー)、ブータ菅原道真の属していた光の軍勢を率いてあしきゆめ彼のものと戦った(悲しみの聖戦)。そして、反目しあうオーマたちをまとめあげ人々と一部の神々と協力して、かろうじて彼のものを封印することに成功する。 しかし、戦後その力を恐れた人類に毒殺されてしまう(洞窟に幽閉して暗殺)。その後継をめぐって黄金戦争が勃発する。

オーマオーマネームは不明。

このシオネと助けて戦った者がわんわん帝国の原型。

参考資料

  • (電撃ガンパレード・マーチ p.121)シオネ・アラダ:人族の代表。バルカラルの言葉で至高のアラダという意味。人族の代表者は、代々その名を語る。しかし、ゲーム中ではおもに先代のシオネ・アラダを指すのに使われる。それは歴史でも五指に入る最強のアラダであり、千億を越えるリューンを使う無私無欲の優しい女性。すべての神々にして、その力を認めさせる人。そのあまりの力を恐れた同族の人は、洞窟に幽閉して暗殺した。
  • (ゲームガンパレード・マーチ 図書館内 鬼と巫女姫)火の国の火の民族、その最後の巫女が土地の豪族に召抱えられて、幻獣と戦うことになります。/見えない物は、剣でも斧でも傷つけられませんからね。/あしきゆめと戦うことができるのは、やはりおなじくうつつでなきものだけだったのです。/巫女は逃げられぬように脚の腱を切られ、同じく伝説の存在である、猫大将、それに三柱の女神とともに戦いをはじめます。/巫女は、よきゆめと人をつなぐ調停者。/朝廷から派遣された稀代の魔術師菅原の道真や、天の神々と共に、あしきゆめと戦います。/巫女は、魂を解き放つことで戦う力があったのです。/(中略)/鬼は洞窟に現れて、姫巫女を殺害しようとするのですが、/そこで見るも無残な女と、ふーと言っている老猫を見ます。 /鬼は、泣いてしまいます。/死ぬほうがいいと、思ったのです。目も潰されてましたし。/身体中に模様をいれられていましたし。
  • (旧謎板 105-8671)> > 4.東方三王国/> シオネ・アラダ=メイデアの姫/=でもあるし、≠でもある。
  • (旧謎板 105-8720)> メイデアという国があって、そこの姫というのは複数いるが、/> シオネ・アラダはその一人……という感じの意味合いでよろしいでしょうか?/同一存在という意味合いがいいでしょう。
  • (Return to Gunparade 第16回 SIDE−C)一際巨大な猫が遠い昔を思い出した。/黄金に輝く猫達の背を抜けて、黒い髪と、太い眉の少女が、今まさに猫達をかき分けて現れる昔を。
  • (Return to Gunparade 第16回 SIDE−C)いとかしこきメイデアの姫君、何も持たず、ただ弱者のため涙を流したる無力な女なり。/(中略)/無力を恥じ、同情の涙を恥じ、裸足のまま山々を駆け、闘争をはじめたり。/(中略)/世の姫君が百万あれど、恥を知るものただ一人。民草に歌われし伝説の者。/かの姫君、踊る者、黒き暴風の神を従え、敢然と戦いし。/その後裔こそ英雄なり。
  • (世界の謎掲示板 19173 芝村回答)/> 先代のシオネ・アダラ/> 名前は「椿」でいいですか。/椿姫ともいいますが、本名は別ですよ。
  • (旧謎板 5830 やがみ回答)> リフレインの順番は、/> 踊る人形/>  ↓/  中略/> Aと鬼の記憶元(つまり、先代のシオネと共に戦った戦士)/>  ↓/ 中略>  ↓/ 速水/A、および鬼、来須(こいつらはリフレインではない)/来須はAの同一存在で、瀬戸口はAの記憶上のご先祖から/分派した存在ですね。
  • (護民官慰労座談会)芝村:ええ。先代は1000年前だ。シオネを助けて戦った者が帝國の原形なんだよ。
  • (Return to Gunparade 12-1 ブータの回想)青い宝石を胸に下げたシオネ・アラダは、輿に乗ったまま声を上げた。/「砦に帰りましょう。ブータニアス卿、指揮を執りなさい。砦があるその限り、まだ世界は潰えてはいない」/傍らに仕える鬼は声を掛けた。/「おでら、帰るのか」/シオネは、自らの動かない脚を一瞥すると、胸に下げた青い宝石をいじりながら静かに言った。
  • (護民官慰労座談会)芝村:ええ。先代は1000年前だ。シオネを助けて戦った者が帝國の原形なんだよ。

編集履歴


戻る→用語集 用語集/さ行 用語集/さ行/せ