FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

千葉奈穂

千葉奈穂 (ちばなお)

小説頂天のレムーリア第一部の主人公。初登場時は高校一年生。 兄は千葉昇。重度のブラコン。

魔王の花嫁候補の一人。 他にも6人の花嫁候補が存在する。

その可能性を殺すため、セプテントリオンの監視下に置かれていた。 昇は平凡に生きさせようとしたが、次々と人の運命を捻じ曲げ始め、死すべき定めをひっくり返している。

「みんなご存知」な人物の同一存在であるということだが、具体名は情報規制対象である。 彼女が世界移動存在になってしまった為、同一存在可能性を失い死が迫っている。

高知総鍵に護身刀の使い方を習い、結構な腕になった。 第一部の終わりには兄の昇ではなく山梨良狼を選んだ。

参考資料

  • (世界の謎掲示板 20434 芝村回答)Q>2,奈穂の同一存在はすでに登場してますか?/A>はい。みんなご存知ではないかと思います。
  • (世界の謎掲示板 20229 芝村回答)Q>『頂天のレムーリア』関連より/1.千葉奈穂は誰の同一存在ですか?/A>情報規制対象です。/お答えできません。
  • (世界の謎掲示板 21370 芝村回答)>Q3.以前の質問の再質問になります。/山梨良狼は千葉奈穂と茨木雷蔵を連れてを第六のどこか(千葉奈穂が最初にいた世界)から世界間移動しています。/世界間移動したと仮定するならば、彼女は世界移動者になり/その時点で千葉奈穂の同一存在の可能性は消失してしまっているのでしょうか。/A>世界移動者が出た時点で死の運命が残りのキャラを追いかけだしますね。

編集履歴


戻る→用語集 用語集/た行 用語集/た行/ち