FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

双面の護り

双面の護り (そうめんのまもり)

アノレゴス・ダンデオンが使用する(メル)の絶技。 高速で操作される二枚のディスクが無限の幻影を生み出し、あらゆる死角から自動攻撃をする。

絶技詠唱の口上

幽界にありて隔てられ 時において今はない 
だが遠くにありても 風だけは今も故郷にある 
我が故郷の精霊達よ 故郷の風よ 帝国を守れ 帝国の誇りを守れ 
偉大なる故郷の大地 
緑の王にして柊の我は嘆願す ここなるは故郷の土 ここもまた紫の帝国 永遠の落日の国 
我は大地と契約せり 一人の農夫 地を耕し 万物の均衡を図りし一つの天秤 
古き盟約によりて 我は命の麦穂を刈りとるものなり 生もて次に伝えたり 
完成せよ 双面の護り

→戻る用語集 用語集/さ行 用語集/さ行/そ

Last modified:2017/12/14 01:09:43
Keyword(s):
References:[絶技] [用語集/さ行/そ]