FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

多目的リング

多目的リング (たもくてきりんぐ)

第5世界の兵士が身に着けている腕輪。 多目的結晶と機能的にはかわらない。

脱着も可能だが、神経と直接接続されているためにかなりの痛みをともなう。

ちなみに、S. TAGAMIもこの多目的リングを左腕につけており、スキカスルナカンオードの情報を網膜に投影していたことが群踏の肖像に記載されている。

海ラヴ丁字倖也も所持している。


戻る→用語集 用語集/た行 用語集/た行/た

Last modified:2018/10/12 20:50:06
Keyword(s):
References:[丁字倖也] [宮石忠光] [多目的リング] [多目的結晶] [用語集/た行/た] [善行忠孝]