FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

陶器兵

陶器兵 (とうきへい)

幻想交流に出てくる兵器。文字通り中身のない人型の陶器。大妖精のみが作ることが出来る。

作中ではかつての戦争で使われたチルオズルと呼ばれるタイプの他に、岡崎領が使うものとシズオカさんが作った緑色のもの、10m級の黒い色の機体が登場した。

参考資料

  • (幻想交流 シミズ編第十五話「シズオカ」)ざらざらした感じの黒いボディ。赤い目。大きな盾。槍。大きさは10m近くある。(中略)/「良かった……モリマチさんが二足歩行の大型陶器兵になったのかと」(中略)/「多分、敵が送りつけたんだと思う。敵というのは海老名、駿河湾沼津連合にとっての敵、という意味だけど」/ つまり、岡崎が交通を遮断するために送ったと。なるほど。戦線は岡崎にかなり近づいているし、岡崎側から見れば押し込まれている状況で、その原因を高速道路にあると看破したのだろう。でも、謎が残る。/「岡崎の領主って、人間だと聞いたことがあるんだけど……」/陶器兵を作れるのは大妖精だけのはず。私がそう言うと、シズオカさんは口を開いた。

編集履歴


戻る→用語集 用語集/た行 用語集/た行/と

Last modified:2021/04/01 20:41:29
Keyword(s):
References:[用語集/た行/と]