FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

519番式軽装甲

519番式軽装甲

 通称・標準装甲。

 プロテクター。胸と肩、肘、膝、腕、すねだけを被う装甲で、生体接着剤で固定される。これは生体部分を殺す離着剤ではがすことができる。

 装甲厚は60mmで材質は硬化テクタイトである。主に砲戦を想定した戦いで装備された。

 マイナーチェンジバージョンとして、肩部分の装甲をさらに減らした白兵用軽装甲仕様がある。


戻る→用語集 用語集/0-9

Last modified:2018/06/14 14:51:34
Keyword(s):
References:[用語集/0-9] [士魂号]