FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

54式機関砲改

54式機関砲改

 40mm高射機関砲。  第2次防衛戦争直前に完成し、以後60年以上も小改良を続けながら使われているスウェーデン製の傑作万能機関砲「ボフォース40mm対空機関砲」の国産版を南高で独自に改良し、最新の照準器をつけたもの。  機関部分はほぼ原形のままであるという事実が、原形の驚異的なまでの優秀さを物語っている。  角度90度で9000mまで弾丸を打ち上げる性能を持つ。  照準は光学センサ&レーダー併用型の小型ユニット。  使用される弾丸は改良され、現在では近接信管をつけた炸裂弾か、硬化テクタイト徹甲弾が用いられている。南高では地上戦用に榴弾やナパーム弾も少数量産されていた。  ウォードレスの対戦車装備から、ケルビムの主/補助武器、対空銃座にまで幅広く使われ、後継である零式40mm機関砲の出現までその役を果たした。

 量産数は全世界で28万門以上。


戻る→用語集 用語集/0-9

Last modified:2017/10/23 07:48:26
Keyword(s):
References:[用語集/0-9]