FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

89番式90mm短滑空砲

89番式90mm短滑空砲

 通称レールガン。

ウォードレス発明直前の1989年に自衛軍にて開発されたお化け戦車「75式改」に装備されるはずだった大口径砲を半分にぶった切り、ウォードレス装備歩兵二人で分解・運用が出来るようにした大口径砲。  もっとも実際の運用には給弾手(約20発の弾も運ぶ)と指揮官が別に必要だった。

 砲身にいくつかついている短い銃把と、重い機関部についている機動補助ロケットが特徴。

 携行にはAラック2つかBラック1つを使用。ただし弾薬は別。  短砲身による射程の短さや命中精度の悪さは、十分な接近でカバーすると言う運営方針から、機関部には機動補助ロケットがついており、2人(4人)の天使がこれを担いでアクロバットする。

結束力の強いことで有名な南高1-Cは特にこの砲の扱いに習熟しており、南高生徒会はこの部隊をほとんど対中型幻獣部隊として運用した。


戻る→用語集 用語集/0-9

Last modified:2017/07/10 20:42:37
Keyword(s):
References:[用語集/0-9]