FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

AI銃

AI銃 (えーあいじゅう)

ガンフェスタに登場する用語。AIによる画像認識と微電流による人体制御で、どんな素人でも当てることが出来る銃。企業聯合(アライアンス)という業界団体が製造している。

使用されるAIは花田が制作し、チップレベルで拳銃に搭載している。これとセンサーを取り外すには専用機器が必要。

画像認識は同時にセーフティーシステムにもなっており、犯罪に使えないようマン・シルエット(人間)には発砲できないようになっている。

これによって安全性が証明され、護身用の名目で普及した結果、女子高生でも銃が持てる新事態(ガンフェスタ)が発生することになる。

現在は大船渡戦略特区以外では銃の所持は認められていないが、学校の授業ではその内全国で解禁される、と教わる模様。

猟銃やタクティカルアームズの類は免許や警察への申請が必要となるが、拳銃程度なら身分証明書があれば購入できる。

取り扱いには人工知能搭載銃器取扱者試験に合格し、免許が必要となる。

参考資料

  • (ガンフェスタ1巻 ガンフェスタがもう少しわかる解説)

編集履歴


戻る→用語集 用語集/A-Z 用語集/A-Z/A

Last modified:2022/02/27 19:51:07
Keyword(s):
References:[398] [ガンフェスタ] [用語集/A-Z/A]