FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

雷王

雷王 (らいおう)

矢神斉一郎の母。長い黒髪の女性。

かつては三千からの盗賊を率いる盗賊団の首領で、雷王の名も当時僭称していたもの。ある日王城を襲った際に一人の男(斉一郎の父)に惚れ、女になる魔法の薬(ピドポーションか?)を探し出して自らの性別を女に変え、押し倒s…結ばれたとの事。つまり元男である。

身体能力がめっぽう高く、セクハラ言動を止めようと斉一郎の放った攻撃をいなし、音速の連打を撃てる。

参考資料

  • (テンダイスブログ NOTボーナストラック(7) Aの魔法陣ver3ファンタジー)海美が”いじわるめがね”の上にまたがっていいから表情変えろと泣きそうになって言っている頃、玄関では”いじわるめがね”の母、雷王が、長い髪を揺らして、息子ー、帰ってきたぞー。と靴を脱ぎながら声をかけた。/反応なし。まだ執務してんのかねえと、見事な黒髪をかきあげ、玄関先に綺麗に揃えられた靴を見る。女物だった。
  • (テンダイスブログ NOTボーナストラック(8) Aの魔法陣ver3ファンタジー)「どんな魔法の……薬ですか」/「女になるやつ」/「何に使うんですか」/「飲むに決まってるじゃないか」/「飲ませたんですか」/「いや、自分で飲んだ。男に惚れたんだから相手女にしても意味がないだろう」

編集履歴


戻る→用語集 用語集/ら行 用語集/ら行/ら

Last modified:2020/08/30 21:52:03
Keyword(s):
References:[用語集/ら行/ら] [矢神斉一郎] [ピドポーション]